歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、もしも、失敗し立とき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再度、大がかりな手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。インプラントの埋入も、骨を削るので手術時に神経を損傷する危険を伴います。
インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。その部品の接続構造により、複数のタイプに分類することができます。
人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているものが1ピースタイプです。
他に、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。よりメジャーである2ピースタイプは、そのコネクション部分の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっているんです。
入れ歯で噛むと食べた気がしない、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもぴったりくるのはインプラントです。
外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらにセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。
入れ歯にくらべれば費用はかかりますが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。
一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた普通のインプラント治療の中でも、院内感染の可能性は否定できません。
治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、大事だと心得て下さい。
院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ上で具体的に示している歯科医院もどんどん増えているので、真っ先に見ておきたいところです。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはそれによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。
外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材でできているからです。
インプラント治療は基本的に保険外治療でほぼ全額自費とみるべきです。
もし金属アレルギーの不安があれば治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安や誤解がないでしょう。
インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込向ことなので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは多少の違和感があるといいます。数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるように我慢あるのみです。しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みがつづいていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、その原因を究明し、対応することが求められます。急患でも診療を受けることが必要です。徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、前よりも口臭が気になるといった変化がままあるようです。
インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。
この原因としては、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している可能性も考えられます。
そのようなケースでは、すぐに歯医者さんに診て貰いましょう。インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。
この治療は治療費を確保してから始めなければなりません。
健康保険が使えることもまれにありますが、その条件はとても厳しいのです。治療のごく一部しか保険適用にならないのが高額の負担を避けられない所以です。
現状では最低線が十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用が数倍にもなる可能性があることを肝に銘じておかなければなりません。