これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、歯科医と、歯科医院の決め方です。この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるためいろいろな症例を診てきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしてください。
それだけでなく、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明瞭に答えてくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。
人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。チタンの他、セラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使って創られているためです。
ほとんどのインプラント治療は保険が聴かず、その全額が自費になるのが普通です。ですから、不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方がベストだと思います。
手術して人工歯根を埋め込んだ後、自分の歯がうずく反応もよくあります。手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどなので、気にしないで頂戴。ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、治療中に異変を感じたら歯科医の判断を仰ぐことを忘れないで頂戴。
インプラント治療はどのような流れかというと、3つの段階に分けられます。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのが大まかなプロセスです。
人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約二ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。歯科治療のなかでも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗し立とき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。
他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントが定着しなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。
そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。それは、治療をおこなう歯科医の腕や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。
担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、担当の歯科医にすぐに相談してください。喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は無視できないものがあります。
インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復がその後の治療に関わる重要な問題です。
そのプロセスにおいて、タバコにふくまれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は確実にマイナスの作用があります。インプラント治療のために何でもできると思うなら、治療を受けている間は禁煙を決意して頂戴。
人工歯としてのインプラントは虫歯を気にしなくていいのですが、歯周病には気をつけて頂戴。
せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせない訳で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンス(保守や点検、整備などをいいます)はずっと続きます。もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎の症状かも知れません。
さらに深いところまで感染する可能性もあるため即刻診断を受ける必要があります。